プロペシア通販を続けるために気をつけるコト

購入を続けるために気をつけること

信用できるサイトを見つけたり、きちんと本物が届いた場合、安全にプロペシア通販を続けるために気をつけなければならないことがあります。

どんなことに気をつけるべきなのか、購入する時と購入した後に分けてみていきましょう。

購入する時に気をつけるコト

購入する時に気をつけること

まずは、購入する時に気をつけるべきことについて見ていきましょう。

個人輸入には、購入する際に守らなければならないルールがあります。
これを破ってしまうと、違反にあたったり商品が没収されてしまうことがあるので気をつけましょう。

購入した商品は自分だけで使用する

国が認めている医薬品の個人輸入の定義は「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」とされています。
そのため、次のような輸入は禁止となっています。

●販売目的の輸入

個人輸入をした商品を第3者に販売することは禁止です。
購入したプロペシアを販売した場合、それは転売にあたります。

●譲渡目的の輸入

個人輸入をした商品を第3者に譲渡することは禁止です。
友人や家族であっても、譲渡してはいけません。

●共同での輸入

友人や家族と一緒に輸入することは禁止です。
共同で輸入しても、購入者とされている人以外は第3者として扱われます。

購入できる量を守る

医薬品には一度に購入できる量に上限があります。
定められた量以上を輸入してしまうと、税関で没収されることがあるため気をつけましょう。

●外用剤:標準サイズで1品目24個以内
●毒薬、劇薬または処方せん薬:用法用量からみて1ヵ月分以内
●上記以外の医薬品・医薬部外品:用法用量からみて2ヵ月分以内
※外用剤・・・・・軟膏などの外皮用薬、点眼薬など
※処方せん薬・・・有効で安全な使用を図るため、医師による処方が必要とされる医薬品

プロペシアは処方せん薬になるため、一度に個人輸入可能な量は1ヵ月分以内となります。

購入した後に気をつけるコト

購入した後に気をつけること

次に、購入後に気をつけるべきコトを見ていきましょう。

購入した後、本物がきちんと届き今後もそのサイトから購入を続けるのであれば、サイトの扱い方に気をつけなければなりません。
場合によっては、偽サイトを利用してしまったり、勝手にログインされる恐れがあります。

ID・パスワードは複雑にする

代行通販サイトでは購入の際、アカウントの作成を求められます。
その時に、IDやパスワードは複雑なものにしておきましょう。
簡単なものにしてしまうと何者かにログインされてしまい、勝手に買い物をされたり、個人情報を盗まれたりする可能性があります。
そうならないためにも、破られにくいIDやパスワードを設定しておきましょう。

ブックマークをする

本物のプロペシアが届くサイトだと確認できたら、そのサイトをブックマーク設定しておきましょう。
悪徳サイトは本物のサイトとURLが1文字だけ違う瓜二つのサイトを作ってくることがあります。
そんな悪徳サイトを利用しないためにも、本物のサイトをブックマークしておき、次回からはそこからサイトページへ飛んで購入するようにしましょう。